コラム

安くておいしい豚肉の部位別おすすめ料理法

お値段がお手頃な豚肉は、どの部位のお肉も比較的均一なため、幅広い範囲の料理に利用することができます。
けれど、やはり豚肉も牛肉と同じように、部位ごとに少しずつお肉の特性が違いますので、豚肉の良さを最大限引き出すならば、それぞれの部位に合った料理法で調理するのが1番とされています。
 
そこで、部位別豚肉の特徴とおすすめの料理法について一挙ご紹介します。
 
 
・肩ロース 
肩ロースとは、ロース肉のなかでも肩寄りにあるお肉のことです。 
赤身のなかに粗めの脂肪が網目状に混ざっており、豚肉特有の香りとコクを楽しむことができます。 
肩ロースは、『豚肉のなかで、もっとも豚肉らしい味わいを堪能することができる部位』と言われており、とんかつ、鉄板焼き、炒めもの、すき焼き、ローストポークなど、和洋中さまざまな豚肉料理に利用されています。
 
・ロース 
ロースとは、肩とモモのあいだに挟まれているお肉のことです。 
ほどよい脂肪ときめ細やかでやわらかな肉質が特徴のロースは、全体が厚い皮下脂肪に覆われており、脂の旨味とコクを味わうことができます。 
特に、ふちの脂身には、旨味がギュッと濃縮されていますので、とんかつ、すき焼き、豚しゃぶしゃぶ、ソテー、焼き豚、ロースハムなどで頂くのがオススメです。
 
・ヒレ 
ヒレとは、ロースの内側にあるお肉のことであり、1頭の豚から1kgしか得られない稀少な部位でもあります。 
豚肉のなかで最も柔らかな肉質のヒレは、脂肪の少ない赤身肉なので、コクに欠けるあっさりとした味わいが特徴です。 
けれど、ふちの脂身部分には、旨味がたっぷりと含まれていますので、とんかつ、ステーキ、ソテー、焼き豚など、油を使う料理の食材として使うと、よりヒレの良さを引き出すことができます。
 
・バラ
バラとは、胸の下からおなかにかけて、あばら骨を包んでいるお肉のことです。
赤身と脂肪がバランス良く交互に層を重ねており、風味とコクに富んだやわらかな肉質が魅力となっています。
別名「三枚肉」とも呼ばれているバラ肉は、幅広い豚肉料理に利用されることが多いのですが、薄切りにされたものは、焼き肉や炒めものに、肉厚のものは角煮、焼き豚、酢豚、煮込み料理などに適しています。 
また、「スペアリブ」と呼ばれる骨付きのバラ肉は、バーベキュー、ローストポーク、煮込み料理などにオススメです。
 
・モモ
モモとは、肩と同じく、筋肉の多い赤身のお肉です。 
モモには、「内モモ」「しんたま」「外モモ」の3種類あり、それぞれ異なる特性を持っていますので、それぞれのお肉の良さを引き出すためには、3つそれぞれの部位に合った料理法で利用するのがポイントです。
モモのなかでも、とくに人気の高い内モモは、肉質はきめ細やかで柔らかく、全体的に脂肪が少ないお肉ですので、お肉そのものを堪能したいときにオススメです。
 
 
豚肉のことをよく知って、料理を極めよう!
お値段がお手頃なうえに、さまざまな料理の食材として使える豚肉は、食卓の強い味方として、世界中の人々から愛され親しまれています。
けれど、あまりの使い勝手の良さに、部位の特性を考えずに豚肉をいろいろな料理の食材として使ってしまうため、十分に豚肉の良さを引き出せていません。
これをきっかけに、料理ごとに豚肉の部位を選んで、よりおいしい豚肉料理を作ってみませんか。




一覧へ戻る