コラム

豚肉の特徴や魅力を部位ごとに解説!

スーパーなどに出かけるとさまざまな種類の豚肉があります。これらの豚肉は部位によって特徴が大きく異なるため、適した調理法も変わってきます。

今回は「○○に合わない部位を買ってきちゃった!」ということがないように、豚肉の部位ごとの特徴や魅力をご紹介します。

■豚肉の主な部位の特徴や魅力

豚肉にはビタミンB1を始めとするビタミン、タンパク質、ミネラルが豊富に含まれており、健康維持には欠かすことができない食材です。早速、豚肉の主な部位の特徴や魅力を見てみましょう。

●肩ロース

赤身の中に脂肪が粗い網目状に混ざっている肩ロース。豚の肩ロースはその名前どおり、肩に近い部分の背中の肉です。

通常のロースより脂身が多いため、コクのある濃厚な味わいを楽しむことができます。下ごしらえにおいて筋切りをしておくと、焼き縮みを防ぐことが可能です。ひき肉、角切り、薄切りなどさまざまな料理に使うことができるのが魅力的です。

●肩

豚の肩の肉はよく動かすため、筋肉質で脂肪が少なめという特徴があります。若干硬いため、柔らかみのあるお肉を好む方には敬遠されがちですが、旨みがしっかり詰まった部位でもあります。

肩は長時間煮込むと良質な味を出すため、薄切り肉は加熱十分の炒め物などに向いています。また小間切れの場合は豚汁との相性が抜群です。角切りは時間をかけて煮込むとコラーゲンがゼラチン化し、柔らかくなります。シチューやポトフなどの料理に適しています。

●ロース

肩の後ろから腰付近までの部位です。お肉のキメが非常に細かく、上質な柔らかみを堪能することができます。

また適度な脂肪もあるため、お肉を食べている感を楽しめるのもメリットのひとつです。赤みと脂身のバランスを重視したお肉を求めている人にはおすすめです。しゃぶしゃぶ、とんかつ、ポークソテー、ローストポークなど王道の豚肉料理で贅沢に使用しましょう。

●ヒレ

豚肉の部位の中で最もキメが細かく、あっさりとした味わいを楽しめるのがヒレです。健康維持に役立つビタミンB1を多く含んでいたり、脂身が少ないため、肥満や生活習慣病のリスク低下にもつながるのが大きな魅力です。

ちなみに豚肉のヒレも牛肉と同じく「最高級の部位」と称されることが多いです。豚肉のヒレは1頭から取れる量が少ないため、非常に貴重なお肉でもあります。上質な柔らかみも堪能できますので、とんかつなどにして食べるとよいでしょう。

●バラ

赤身と脂肪が層になっており、別名「三枚肉」とも呼ばれているのがバラです。バラは胴体のあばら骨についている部位であり、この骨付きバージョンがスペアリブとなります。

濃厚な脂身を思う存分堪能できる部位でもあるため、ジューシーなお肉を食べたい気分の日にはおすすめです。焼き豚、角煮、肉じゃがなどの料理に適した部位です。

●豚肉のその他の部位

豚肉のその他の部位にはモモ、ミミ、トンソクがあります。豚のモモ肉は脂肪が少なく、赤身が中心の高タンパク低カロリーが魅力的です。

またミミは皮と軟骨メインで構成されている部位で、コリコリとした食感がクセになります。豚の足部分になるトンソクは長時間茹でるとトロリとした舌触りを楽しめます。酢味噌、酢醤油との相性が良好です。

■まとめ

今回は豚肉の部位ごとの特徴や魅力を解説しました。豚肉はタンパク質やビタミンB1が豊富に含まれた食材です。

良質な脂身は口の中の温度でも溶けるぐらいであり、この食感がたまらないという方も多いです。また脂身が苦手な人はヒレや肩の部分を活用しながら豚肉料理を作ってみるとよいでしょう。さまざまな料理に合う豚肉を日々の生活に取り入れてみてください。




一覧へ戻る