コラム

興味深い!お肉の面白い知識・ネタ4選

会話のネタにもってこい!今回は、お肉に関する面白い知識やネタ、タメになる情報をピックアップしてご紹介します。

1. お肉にキウイフルーツをつけると柔らかくなる

安くて高いお肉でも、すりおろしたキウイフルーツにつけただけで柔らかくなるのをご存知ですか。これは、キウイフルーツに含まれる酵素によってお肉のタンパク質が分解され、お肉が柔らかく、そしてジューシーになるのです。

2. 国産牛と和牛は別物だった!

国産牛と和牛は同じ意味を持つように思われがちですが、実は全くの別物です。国産牛の定義は、原産地が日本ということ。仮に外国育ちの牛であっても、日本で生活した時間が長ければ国産牛になります。また、和牛の定義は黒毛和牛・渇毛和種・日本短角種・無角和種の4種、もしくはこれら4種の交配種(要審査)による牛肉を指します。つまり、外国育ちの国産牛もあればアメリカ産の和牛というものも存在するのです。

3. ウルグアイは年間でステーキ232枚分の牛肉を食べている!

牛肉の年間消費量ランキング1位のウルグアイでは、一人当たりの牛肉の消費量が46.4kg、200gのステーキに換算すると232枚なのだとか。3日に1日、もしくはそれ以上ステーキを食べているのと同じイメージですね!ちなみに、日本の牛肉消費量は年間で6.7kg(一人当たり)と意外にも少なめです。

4. ハムより生ハムのほうが塩分多い!

なめらかな口どけで洋酒との相性がいい生ハムですが、通常のハムに比べると塩分は約3倍と多め!美味しいですが、食べ過ぎはほどほどにしたいですね。

今回紹介したのはほんの一部。お肉にはまだまだたくさんの知られざる知識・ネタがあります!これまで以上にお肉を楽しんでくださいね。




一覧へ戻る