コラム

ジビエの一種鳩肉の魅力!美味しい食べ方や美容に役立つ栄養素について

ジビエは、フランスを中心にヨーロッパで広く愛好されるお肉。野生の鳥や動物を狩猟で得たものだけをジビエと呼び、主に秋から冬の狩猟解禁シーズンに多く食べられる「ごちそう」です。そんなジビエが、今、日本で静かなブームとなっています。今回は、ヨーロッパで愛される代表的なジビエ、鳩肉の魅力や食べ方、栄養について解説して参りましょう。
 

《鳩肉の魅力と入手法》

日本では、鳩を食べるという行為にあまり馴染みがありませんが、前述のとおりヨーロッパでは非常にポピュラーです。淡白であっさりとしており、実際に食べてみるとその美味しさに驚かされます。身は引き締まっており、噛めば噛むほど味わい深い旨みが感じられるお肉です。
 
日本にも多くの鳩が生息していますが、国内で狩猟することができるのは主にキジバト。そのため、国産のジビエとして出回るのはほぼこの鳥です。しかし、食べることを目的としての狩猟は許されていないため、精肉されること事態が極めて稀。国産の鳩肉は、手に入らないと言い切ってしまっても、過言ではないのが現状です。鳩肉を食べてみたい方は、輸入のものを手に入れるのが最も現実的な手段と言えるでしょう。
 

《鳩肉の美味しい食べ方》

鳩肉は比較的臭みの少ないジビエです。とは言え、お肉からにじみ出たドリップを放置してしまうと、やはり多少臭みが出てきてしまいます。輸入の鳩肉はほとんど冷凍されていますので、調理前に解凍する際、出てきた水気は丁寧に除去しましょう。キッチンペーパーで、お肉を押さえるようにするとよく水気を払えます。
 
その後は塩コショウやハーブをすり込み、香味野菜とオリーブオイルに漬け込んでおいてください。漬け込み時間は、一晩程度です。漬け込みが終わったら、オーブンかフライパンで皮目からこんがり焼けば美味しいローストができあがります。肉汁に少量のバターと白ワイン、塩コショウを合わせると立派なソースも完成です。
 

《鳩肉は美容、健康にも効果的》

鳩肉は栄養豊富なジビエです。とりわけ、ビタミンB群はたっぷり。脂質や糖質の代謝を助けるビタミンB2や、肌のターンオーバーを正常に保つビタミンB6など美容効果が期待できる栄養素を補給できます。
 
さらに、鉄分がふんだんに含まれているため、貧血気味の方にもおすすめしたいお肉だと言えるでしょう。鉄分は血行を促進するので、冷え性の改善にも役立ちます。
 
鳩肉は非常に美味しいジビエですが、決してそれだけではありません。美容や健康にも役立つ栄養素を摂ることができる、有益な食材でもあるのです。ぜひ、毎日の食生活に加えてみてはいかがでしょう。
 
 


一覧へ戻る